ドクターシーラボのチーフセラピスト小島さんによる「正しいクレンジング」の解説です。

メイクを落とした後のお肌の感じは、どうなっていますか?
つっぱっているのではないですか?
クレンジングでは、お化粧を落とすだけでは無く「保湿」も大切なんです!


今日は、クレンジングの仕方をチェックして行きましょう。
レイ子さんは、いつ頃クレンジングされていますか?

「家に帰ってだいたいすぐに落としています。 なるべく早く肌を開放させたい派なので、お風呂に入ってついでにクレンジングをパパッとやっちゃいます。」

2人の対面

今日お話していこうと思った事が早速出てきましたね。

「え? すぐ落としていいんですよね?」

それもすごくお肌にとっていい事なんですけれども、実は今日お話ししようと思っていたのは、お風呂の中でクレンジングすると言う事なんですね。
お風呂場って湿気がありますよね。 そのスチーム効果でメイクですとか、お顔の皮脂、汚れなどが浮き出やすくなって来るんですね。
後、血行も良くなっているのでメイクとクレンジングの馴染みも非常に良くなっているので落ちやすくなります。

もしお風呂に入れない場合は、ちょっとした一工夫でお肌への馴染みが良くなるんですよ。

「どうすればいいんですか?」

両手で温める

クレンジングを手に取った後、こうやって手の温度でクレンジングを温めます。
こうする事によって、お肌に優しくメイクが馴染みやすくなりますので。

「今度から絶対温めます。」


毛穴・くすみ・ニキビでお悩みの方へ 酵素洗顔


はじめましょう

首にもUVクリームを付けられていますか?

「顔に塗って余った分を首にも塗っています。」

そうしたら首も一緒にクレンジングして行きましょう。

「忘れてました。」

見えないので忘れがちなんですけれども、クレンジングを使わないと落ちないのでしっかり落としていきましょう。
後は、お首もお顔と一緒で皮膚が薄い部分ですのでクスミですとか、シワ、タルミになりやすいんですね。
なので、しっかりクレンジングクリームをした後ですね、お体と一緒にタオルでゴシゴシ洗ったりするのはNGです。

「なるほど、首は体じゃなくて顔の一部としてケアすると。」
はい、その通りです。

では早速ですが、クレンジングをして行きましょう。

 

クレンジングを手のひらにのせる

「いつも通りでいいんですよね?」
はい、もし間違ったところがありましたら厳しくご指摘させていただきますので。

「クレンジングは、いつもこれくらい手に取っています。」

ちょっと少ないですね。
「もっとですか?」
もうちょっと出していただいて。
「じゃこれくらい?」
もうちょっとですね。
「もうちょっと? これぐらい?」
そうですね。

クレンジングの種類にもよりますが、少ないとメイクとお肌の摩擦感が増えますので、お肌の負担になってしまうんです。
なので適量を取っていただくのがベストですね。
では早速クレンジングして行きましょう。

 

温める

「温めて・・・コレくらいですか?」
そうですね。 良いですね。

 

頬にのばす

目元

優しく額まで

額まで行きましたら、目元も

目元周りは、特に皮膚が薄い部分ですので、あまり力を入れずに優しく。


温感・マッサージ効果


アルファピニ28 酵素パウダーでつるん肌 【 素肌リセット!】


「あれ? 段々暖かくなってきました。」

そうなんです。 今日お使いいただいているクレンジングが、温感効果のあるクレンジングなのでマッサージ効果も期待できます。

「はい、終わりました。」
もう終わりですか
「早いですか?」
ハイ、もうちょっとマッサージして行きましょうか。
目元は、外回しで。 外に向かって 反対側です。
そうですね。 良いですね。

 

目元のアップ

リンパに沿って1

リンパに沿って2

後は、顎から下に向かって。
リンパの流れに沿って、クレンジングしていきます。

「ハイ」
リンパの流れに沿って、クレンジングしますと、お顔の老廃物が排出されやすくなるので、小顔効果ですとかリフトアップ効果が期待できます。
「すごい。」
人差し指を使ってしまいますと、力が入り過ぎてしまうので、中指と薬指で。
大丈夫です。 出来ていますね。

「あれ? 何だか指の滑りが軽くなりました。」

なってきました?
これが洗い流しのサインですので。

 

洗い流します

ここでクレンジングを洗い流します。
何回位洗い流しをしていますか?
「だいたい10回位ですね。」
10回だとちょっと少ないので、最低でも20回位流していきましょう。
「20回もすすぐんですか?」
はい。
洗い流して行きましょう。

洗顔中

髪の生え際ですとか、フェイスラインは、特に洗い流し忘れてしまうところなので
途中で鏡でチェックしながら洗い流して行きましょう。





できました

「できました。」
お湯の温度は、いかがでしたか?
「少し冷たく感じました。」
そうなんです。 温かいお湯ですと、お顔の乾燥を招く可能性があるので
32度から33度位のぬるま湯を使っていただくのが、ベストなんですね。
「なるべく熱い方が良いのかと思っていました。」
これからは、ちょっと冷たく感じる位のぬるま湯を使ってみてください。
「はい。」
本日のクレンジングは、いかがでしたか?
普段より突っ張る感じがなくてしっとりしています。

今日お使いしたクレンジング剤に保湿成分が入っているんですよ。

クレンジングしながら、エイジングケアも一緒にできるので。

 

ありがとうございました

「今までは、しっかり落とす事ばっかり考えていました。」
これからは、クレンジング選びも保湿成分に着目してみてください。
「はい。」
これでクレンジングの説明はおしまいです。
「ありがとうございました。」

クレンジングを見直していただくだけで、お肌はもっと綺麗になりますよ。
「はい。 早速今日から実践してみます。」

 


【ドクターシーラボ公式】正しいクレンジング、マスターしましょう♪保湿がポイント! 】


オーガニックですっぴん肌に自信!
「ジャスミンアロマティーク オーガニックコスメトライアルキット」

【和漢クレンジング】のご注文はこちら

ビオルガクレンジング

透輝の滴

エステサロン品質のクレンジングジェル

素肌つるつるセット・初回限定セット



つけたまま眠れるファンデ★実感セット登場♪

▼クレンジング スキンケア